Return to site

明治生まれとカリー寺。

西正寺檀家の中堂です。

今年古希、70歳となりました。

そんな私のおやじの話しを少し。

明治40年生まれの父は

帰宅しますと、着物に着替え

酒は、ビール1本に日本酒1合

夕食のおかずは酒とともになくなり、

ご飯を漬物とお茶漬けですませ、

箸を湯呑み茶碗の中へ入れると

お茶を2,3回かき回してそのまま箸箱へ、

もちろん、湯呑み茶碗のお茶は新聞を

読みながら飲み干します。

こんな明治生まれは古くて堅物と

お思いでしょうが

さにあらず、頭は柔軟で珍しいものや

新しいものが好きで、

もしカリー寺の話しを聞けば、

いの一番に駆け付け差配していたと思います。

私は差配する力はありませんが、

若い方の邪魔にならないように頑張れたらと思います。

そして、平成の終わりのカリー寺を

新元号のカリー寺に繋げていければと!

そう思っています。

(文・中堂 久)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly